CSR(社会的責任)

お客様をはじめ、社会に感謝し、 私たちにできることを日々積み重ねてまいります。

取引先とともに
(ステークホルダーの皆様へ)

取引先は千趣会と共に、女性を笑顔にする商品やサービスを提供していく際の大事なパートナーだと考えております。
コンプライアンス(法令順守)は会社の基本的かつ重要な経営課題としており、取引先との良好な関係を築き、公正で透明なパートナーシップを確立するように努めています。
取引先とのパートナーシップに基づき、より安心で安全な商品・サービスをお客さまに提供しています。

下請法の順守

従業員一人ひとりが下請法に関する理解を深め、法令の遵守を徹底するために、日々の法律相談やコンプライアンスセミナーなどの社内研修会を実施しています。

国内外協力工場の品質管理を支援

取引先と協働して「千趣会ならではの品質」を実現

自社オリジナルの商品はもちろん、仕入れ商品についても、千趣会で販売する商品はすべて、千趣会が規定する品質基準をクリアしています。それは、生産委託先工場やサプライヤーであるメーカーに千趣会が求める品質への理解を徹底しているからです。
また、社内でもジャンルごとに勉強会を行い、過去の事例や事故を予見する方法などについて、担当者が知見を深めています。
これらの取り組みにより、取引先と一体となって品質管理に取り組み、安全・安心な商品をお客さまにお届けしています。

衣料品・雑貨品などの生産における品質の確保

衣料品や雑貨品などの品質を確保するため、取引先および当社社員による検品の体制を充実させています。
海外生産の商品においても、千趣会が求める検品の技術や設備を持つ検品工場を「認定検品工場」として評価する制度を導入し、高い検品力の維持向上に努めています。海外に28箇所(2016年12月現在)ある認定検品工場では、日々、自社オリジナルの衣料品や日用雑貨について、日本と同じ水準で品質を検査しています。

化粧品・医薬部外品・食品などの生産における品質の確保

化粧品や医薬部外品、食品などは、お客さまの肌や体内に及ぼす影響が大きい商品であるため、特に厳格な品質管理を行っています。
例えば、当社の頒布会事業で扱う食品については、バイヤーだけでなく、品質管理担当者が生産工場に直接出向き、現場で指導するなどして、取引先の品質管理を支援しています。

取引先とともに進める
知的財産権の保護活動

当社は、さまざまな商品やサービスをお客さまに提供する企業の責任として、商標権や著作権等の知的財産権の保護に取り組んでいます。
その一環として、他者の知的財産権を侵害することのないよう、権利侵害事例の共有を目的とした法務ニュースの配信や、権利確認の徹底を目的とした勉強会の開催など、従業員に対する啓蒙活動を行うとともに、取引先との契約においても、他者の知的財産権を侵害しないよう保証いただいています。

おすすめコンテンツ

pagetop